埋め込まれた発信機

宇宙の話

この記事は、2ページ目です。
前の記事を読んでいない方は、こちらからどうそ。
私が乗ったUFO(1ページ目)

黒いチップ

物心ついた時から、私の背中には、黒い丸い金属のようなものが入っていました。
場所は、腰の少し左寄りです。
金属の大きさは、直径5mmくらいの正円。
厚さは、おそらく1〜2mmくらいで、皮下0.5mmくらいのところに埋まっていました。
皮膚の上から触っても、それが固いのはわかりました。

そして、その黒い丸い金属は、母の背中にも入っていました。
場所も大きさも全く同じでした。
そのころは、宇宙人の仕業とは思っていませんでしたから、それはきっとホクロのようなもので、遺伝なのだと思っていました。

その黒い金属のあたりが、ときどき、痒い(かゆい)日がありました。
「お母さん、今日、ここが痒いんだけど。」
「お前も痒いの?あたしもだよ。」
「なんなんだろうね?」
「不思議だね。」
私が痒いときは、お母さんも痒いのでした。

お母さんの記憶が削除された

私は大人になり、矢追純一さんのUFO特番を見て、自分はUFOに乗ったのだと確信していました。
そして、大学を卒業した頃、X-ファイルが大流行!
アブダクトされた人たちの体に、チップが埋め込まれていることを知ったのです。
この、自分の背中に入っているチップは、宇宙人の発信機に違いないと思いました。
そこが痒くなるのは、おそらく、UFOが近づいてきて、何らかの電波のようなものを受信した時なのだと思いました。

一人暮らしをしていた私は、久しぶりに実家に帰りました。
すると、チップのところが痒くなったので、お母さんに話しかけました。
「お母さん、今日、ここ痒くない?」
「え?何が?」
「ほら、背中にある黒いやつだよ。」
「黒いやつって何?」
「お母さん、私と同じ場所に黒いチップが入ってるじゃん!」
「何言ってんのよ、気持ち悪い。」

これまで、何度も母と話したのに、なぜ、母は覚えていないんだ?
「お母さん、ちょっと、背中見せて!!」
嫌がる母の背中を、無理矢理見せてもらうと、
なんと、母の背中にあったはずの発信機が無くなっていました。
「もう、なんなのよ!頭おかしいんじゃないの?!」

おかしいのは、母の方だ!
あのチップが自然に消えるはずがない。
それに、チップに関する記憶だけが、完全に無くなってしまうなんて!!
その日は、母の50歳の誕生日の2日後でした。
宇宙人の追跡調査は、50歳で終わりなんだ!!
私には、そうとしか考えられませんでした。

勇者みかりんは、チップを取り出した!

宇宙人にチップを取り出されて、記憶を消去される前に、何としてもチップを確認したい!
私は、その頃、福島県福島市に住んでいました。
実家から福島に戻った私は、すぐに福島赤十字病院に行きました。
「この背中にある黒いやつを取り出したいんです。」
「そうですね。悪性の腫瘍の可能性もありますので、取り出して生検して見ましょう。」

でも、手術の予約は一杯で、1ヶ月待たなければなりませんでした。
そして、1ヶ月後、手術でチップを取り出しました。
手術をしてくれたのは、若い男の先生でした。
手術には30分くらいかかりました。
私は、先生に「これは、宇宙人が埋め込んだチップだと思う」という話をしました。
先生は、とても好意的に話を聞いてくれて、いっさい否定しませんでした。

さらに、生検(生体検査)の結果が出るまで、1ヶ月くらい待ったように思います。
これがもし、未知の金属で、地球には無いテクノロジーで作られたチップだとしたら、大ニュースになるに違いありません。
世紀の大発見になるかもしれない!
私がUFOに乗ったことの証明になるはずです。
その時の私の気持ちは、ドキドキ、ワクワク、ハラハラ。結果が楽しみでたまりませんでした。

そして、とうとう、結果が出ました。
「ただの皮膚繊維腫でしたよ。」
「えっ? ひ、ふ、せん??」
「皮膚繊維腫(ひふせんいしゅ)は、皮膚の老廃物の塊です。
僕も、こんな真っ黒い皮膚繊維腫は初めて見ました。
すごく珍しいですけど、あり得なくはないです。
良性ですから、心配ありません。」
「え? チップじゃないんですか?」
「ガッカリしました?」
先生は優しく笑いました。
私は、それ以上、言葉が出てきませんでした。
頭も、心も真っ白、放心状態でした。

取り出したやつを見せてもらいましたが、黒いやつだけを取り出したのではなく、周りの皮膚と一緒に立方体の形で切り取られて、透明の液体の中に入れられていました。
赤い肉と、黒い丸い粒。
まるでスイカのように見えました。
でも、スイカの種に見える黒い丸いものは、完全な円形をしているのでした。
その頃、スマホというものがあれば、写真を撮ったのですが、その時代にスマホは無く、カメラも持っていませんでした。
だから、写真はありません。
今も、背中に傷は残っていますが。

赤い肉に、黒い粒(これはスイカです)

私の背中の黒いやつは、チップでも、発信機でも無かったのです。
私は、UFOに乗ってはいなかったのです。
自分は、なんて、馬鹿なんだ!
宇宙人に誘拐されて、発信機を埋め込まれたと思い込むなんて!
私は、自分は間違っていたのだと、自分を納得させました。

ただ、1つ疑問が残りました。
母の背中のやつは、なぜ突然消え、記憶までも完全に無くなってしまったのでしょうか?
福島赤十字病院の先生は、「皮膚繊維腫が自然に無くなることは絶対にありません。」と断言していました。
でも、母の皮膚繊維腫は消えたのです。
きっと人間の体には、医学では証明できないことも起きるのだろう、と考えるしかありませんでした。

チップはすり替えられた

それから数年後、私は、5〜6人の友人と共に、神奈川県箱根市の明神ヶ岳に登っていました。
明神ヶ岳の頂上は東西に長く、いくら歩いても、なかなか山頂に着きませんでした。
その時、私は「UFOに誘拐されて、発信機を埋め込まれた、と思いこんでいた私(笑)」の話をしました。
「ただの皮膚繊維腫だったんですよ〜(笑)」
そう話す私に、友人Tさんが、
「みかりん、何言ってんの?!手術まで1ヶ月も待ったんでしょ?その間に誘拐されてすり替えられたに決まってんじゃん!」
ホンマやっ!!なんてこった!!
私は、なんで今まで、そんな簡単なことに気づかなかったんだろう?!

すごく納得がいきました。
真っ黒い、正円の皮膚繊維腫なんて、ネットをいくら探しても見つからないはずです。
あれは、まぎれもなく発信機だったのです!!
これで、母の発信機が突然消え、記憶まで完全に消えてしまったことも説明がつきました。

だとしたら、私は、自分で発信機を取り出すことを選んでしまった。
宇宙人の追跡調査は、その時、終わってしまったんだな。
私が終わらせてしまったんだ。
もう、UFOは、私を見ていないんだ。
私は、なんとも寂しい気持ちになりました。

宇宙人は、少し進化した地球人を観察している

宇宙人は、なぜ、私たちを誘拐し、チップを埋め込んで、追跡するのでしょうか?
ここからは、私の仮説になりますが、
宇宙人は、私たち地球人の進化を記録、調査しているのだと思います。

その調査対象の個体を、どうやって選んでいるのか?
それは、地球人の中でも、少し進化している個体を選んでいるような気がするのです。
私も、母も、霊感があり、人には見えないものが見えます。
地球はこれまで、3次元の世界でした。
でも中には、少しだけ進化した人間がいて、4次元を感じられるのではないかと思うのです。
見えるはずのない物 イコール 4次元以上の物なのではないか、と思うのです。

宇宙人は、途中でチップを取り出してしまった私を、もう追跡していないのでしょうか?

それが、そうでもなさそうなのです。

江ノ島で撮影したUFO

2018年8月26日。江ノ島海岸で撮った写真に、たまたまUFOが写っていました。

富士山の横に沈む夕日(江ノ島海岸にて)

拡大したのがこちらです。

夕日に照らされた、富士山の上に浮かぶUFO

さらに拡大。

完全な球体のUFO

肉眼では全く見えませんでした。
後から写真を確認したら、写っていたのです。
夕日に照らされて、球体の下半分だけ、光が反射しています。

ちなみに、この写真はライブフォトなので、UFOは2秒くらい動いています。

UFOの外壁は光学迷彩になっている

私が見たUFOは、真っ白い球体でした。
割れ目も筋もない、滑らかな表面でした。

私の大好きなアニメ「攻殻機動隊」に、光学迷彩というものが出てきます。
UFOは、正にそれなんだと思います。
光学迷彩とは、本来そこに見えるはずの映像を映し出すことによって、まるで存在しないかのように、隠す技術(ステルス技術)です。
光学迷彩をするには、滑らかな、真っ白な外壁はぴったりです。

攻殻機動隊 新劇場版 PV

UFOが光学迷彩を使っているとすれば、近くにいたとしても、人間の目には見えません。
私が、科学技術館で見た巨大なUFOは、光学迷彩が故障して、一瞬だけ姿が見えたのでしょう。
私に見つかったことに気づいて、ワームホールに入り、姿を消したのだと思います。
宇宙人は、地球人より、高次元の存在ですからね。

宇宙人が乗っていない、小型の偵察機もあります。
映画「プロメテウス」に出てくるような、小型の球体の偵察機です。
光学迷彩で、私たちの目には見えませんが、どこにいてもおかしくありません。

映画「プロメテウス」の予告映像

この次は、エリア51に行った時のことを書きたいと思います。
続きはこちら(エリア51に行ってきた!)